開業までの道のり

開業までの道のり

少し経歴をご紹介

CandlePrism(キャンドルプリズム)です。

地元は大分県大分市。
小学生の男の子と女の子、2児の母です。

大学卒業後に化粧品メーカーに就職し13年勤務。結婚・出産がありながらも職場や両親、保育園の先生方の助けを得てフルタイムで勤務していました。
現在は、キャンドル教室をしている傍らで、WEBマーケティング会社にて在宅事務(業務委託)もしています。

開業のきっかけ

きっかけとなったのは、なんといってもこども達の存在。
特に、こどもが小学生になった時に、保育園よりも早く閉まる学童保育、授業参観、平日の防犯パトロール、旗持ち当番、宿題の丸つけ…こんな環境の変化に戸惑いながらも、ワンオペでしたが、身近に頼れる人がいたので何とか調整してやっていました。
けど、毎回「ごめんね、お願いします💦」の繰り返しなんですよね(^_^;)

当時はとにかく時間がなくて、仕事を切り上げバタバタと家に帰った後、体調を崩さないように早く寝かしつけなきゃと息巻いて、子どもたちの話に耳を傾ける余裕もなく、早く、早く、早くー!と急かす日々(*_*;
宿題の丸つけをしながら、分かっていない所をゆっくり教えてあげる時間もない。
兄妹げんかが始まると、「もう、うるさいっ!」と怒鳴る自分。そのイライラは、仕事のストレスが多い時ほど子どもに向かい、すぐに怒るママになっていたと思います。

本当はどうしたいのか。

皆で幸せになるために頑張って働いているはずなのに、ぺこぺこ頭を下げながら周りの時間を奪い、子ども達の成長さえゆっくり見届けられず、ストレスの矛先が子どもにも向いてしまっている。

あれ?何のために働いているんだっけ??
と考えるようになりました。

それから、自分を見つめ直し、叶えたい理想の暮らしをイメージしました。

・子どもたちが帰ってくる時に、おかえりって言いたい。
・一緒におやつを食べながら、学校であった話を聞きたい。
・つまずいた勉強も、サポートしたい。
・授業参観、持久走大会、なわとび大会…兄妹2人の成長を直接見たい。
・喧嘩があっても、気持ちに寄り添って話を聞いて、学びに繋げたい。

これらを手に入れるには、当時のキャリアを手放すしかありませんでした。
長年勤め、やりがいのある仕事だったこともあり、この決断には勇気がいって、1年ほど悩みました。

最適な働き方

退職後の就職活動では、こども達が帰るまでに家にいたかった為、家から近い会社や、リモート勤務、フレックス制度を取り入れている会社を探しました。
(この辺りについては、また別記事で詳しく書きたいと思います。)

そして辿り着いたのが【業務委託】という働き方。
個人事業主のため、時間の融通が効き、働き方も自由です。そこからイメージは膨らみました。
どうせゼロからのスタートになるんだし、せっかくなら好きなことしよう!と。
趣味でやっていたキャンドルづくりも仕事にすることを決意しました。

そんなこんなで現在、ご縁があった在宅事務(業務委託)のお仕事とキャンドル教室、どちらもやっています。
今のところは、2つの仕事を持つことで、片方の仕事で学んだことをもう片方の仕事に活かせたり、環境の変化でリフレッシュできたりと、うまくバランスが取れており、収入面でも安心です。

まだまだ駆け出しの身なので勉強させてもらっていることの方が多いですが、1つの選択肢としてこんな働き方もあるんだなと参考にしていただけると嬉しいです。

報告する

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。